一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症


一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。




一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:2017/09/19

わが家では父母とお子さんの間で
日々、挨拶をきちんとすることを、
目標の一つにしています。

家では奥さんがリーダーですから、
お子さんに何かしてやったときには
必ず「ありがとうは?」と迫っていて、
やがてみんなが
「ありがとう」と言わされるようになりました。

ところがあるとき、
わたくしは家で
「ありがとう」としか言っていないことに気が付きました。

大きなお子さんとして
奥さんの世話になっているばかりであったということです。

「ありがとう」は
何かしてもらったときの言葉で、
待っている言葉です。

一方、奥さんは何と言っているかというと、
「どうぞ」なんです。

世の中は持ちつ持たれつだと言われていますが、
「どうぞ」と言う人がいるから
「ありがとう」と言うことができるんですよね。

ギブアンドテイクが社会における基本的な人間関係ですが、
考えてみれば常にギブが先なのです。

お子さんは父母の働く後ろ姿を見て育っていくわけですが、
それは「どうぞ」と言っている姿です。

父母とお子さんが向き合って、
お子さんがいつも父母に「ありがとう」と言っているしつけ方では、
お子さんはテイクすることしか身につきません。

父母の後ろ姿を見て、
父母のまねをするようにし向けるしつけが無くなっているようです。

プリーズとは、相手を喜ばせるという意味です。
家族がお互いに相手に喜んでもらおうとするとき、
温かさが醸し出されます。

みんなが「ありがとう」としか言っていないなら、
家族はつながりようがなくなります。

社会人であるためには当然として、
家庭で父として旦那としての処し方を振り返える
キーワードが見つかりました。

奥さんが「ありがとう」と言えるように…
一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

レーシックでの視力回復について
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックで老眼も治療可能
一時的なレーシックにおける後遺症
手術中に痛みがあるのかどうか
術後の安定までの日数
悩みの遠視もレーシックで治療
医師選びは知識と経験が大切
レーシック後には感染症に注意
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのは断然レーシック手術