レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

 

レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。



レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:2017/09/08

「背中を洗ってくれないか」
と、父に言われた。
この父というのは、実は奥さんの父である。

ぼくは一瞬戸惑ったが、
「え?!あっ!はいっ」
と言いながらタオルを構え、父の背中にあてがった。

初めて父の背中というものに触れた。
なんか丸っこくて大きくて、何だかゴツゴツしている。

上手に洗ってあげようと思えば思うほどうまくいかない。
タオルがねじれてしまう…

今度は父がぼくの背中を洗ってくれるらしい。
ぼくは静かに父に背を向ける。

父は、なんていうか、力加減を知らない。
すごく力強くて、体についている必要なものまで
洗い流されてしまいそうな感じ。

思わずぼくは、身をよじってしまった。
「すまん」父は申し訳なさそうに、
「息子の背中を洗うのは難しいな」と言った…

ぼくは物心のついたころから、
女手ひとつで育てられてきた。

我が家に父がいないことを悲しがらなかったのは、
お母さんの育てかたが上手だったからだと思う。
溢れんばかりの愛を注いでくれたので、
ぼくはとても幸せだった。

とは言え
父のことを思わなかった訳ではない。

ただ、そのときぼくがイメージするものは
どれも好感の持てないものばかりだった。

無口!ガンコ!厳しい!
正直、「父は怖い」という印象しかなかった。

そんなぼくに父ができたのは、
ぼくが結婚をしたからだ。

奥さんの父は、ぼくにとって不思議な存在だった。
格好なんてつけない。不器用だけどまっすぐ。褒められると照れ隠しする。
大きなお世話なことばかりする…

ぼくは、父というものに対する印象が
まるっきり変わった。


ホーム サイトマップ
レーシックでの視力回復について レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 レーシック後には感染症に注意